スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[名作アニメレビュー] 灰羽連盟 - 2009.08.25 Tue

 極めてプラトニックなファンタジー。映像作品や小説の中には、「あー面白かったー!」「これは神!」と騒ぐより、何となく静かに受け取って心の片隅にしまっておきたくなる作品がありますが、これもその1つ。


 背中に灰色の羽、頭に光輪をもつ「灰羽」と普通の人間が共存する「グリの街」。灰羽の新生子ラッカは、そこでの仲間たちとの暮らしに幸せを見出す。しかし、そこは決して楽園ではなかった―――。

作   品   名 総合評価 テーマ
構 成
脚 本
キャラクタ
動 画
演 出
背 景
美 術
音 楽
灰羽連盟 8.8 10 10
2002年アニメランキングへ


   前半、スタジオジブリアニメを連想させるほのぼのファンタジーっぽく始まりますが、この作品の本質は後半、ある少女の罪と救いをテーマにした物語。原案である安倍吉俊先生の個人的な体験がベースになっているということですが、見事に普遍性を持った物語に昇華していると思いました。

 ここで描かれる救いの形自体は、できた大人(or強い人)にとっては「弱さ」「甘さ」と捉えてしまう類のもの。しかし、そこで描かれる痛みは多くの人が一度くらいは感じたことのある感情だと思いますし、現在進行形で感じている人もいることでしょう。だから、正面きってその「弱さ」と向かい合い決着をつけたこの作品のラストに、僕は感動しましたし、凄いと思います。

 …とまあ、こんなことを思い入れたっぷりに書いてる時点で、僕が「できた大人」じゃないことをカミングアウトしてるも同然なわけですが(汗)。それは置いておきつつ、とにもかくにもこの作品、もっと多くの人に知って欲しい作品です。



 この作品の魅力のひとつに世界観の作りこみがあります。そもそも天使をモチーフにした「灰羽」ですが、羽は生々しく背中から生えてきます(このシーンは圧巻!)し、光輪は鋳型で焼いて作ります。第1話でこれらのシーンを見て、僕はこの作品が只者ではないぞ、と思い、見続けることを決めました。

 この後も羽が寝るとき邪魔になったり、冬は手袋ならぬ羽袋をつけたりと、生活感を感じさせる設定が満載。ファンタジーでの定型を外すようなそれらの設定は、作品世界をより身近に感じさせてくれます。一方、安倍吉俊先生の原案絵のイメージを活かした背景美術は独特の色彩で美しく、こちらに関してはまさにファンタジー作品はかくあるべき!、と感じさせるもの。

 音楽も印象的な使われ方をしています。大谷幸さんはかなりたくさんの作品を手がけていますが、僕にとってはこの作品のアコースティックな音楽が最も印象的。作中で流れるピアノのテーマ「Ailes Grises」はあまりに作品と結びついていて、聴くだけでじわっときます。



 この作品で唯一欠点を挙げるとするなら、ところどころ尺が足りない感じを受けるところでしょうか。特に気になったのは最終話のいくつかのシーンで、余韻を感じさせる前に場面が切り替わってしまうところ。何かこう、号泣の一歩手前でストップかけられているような感覚だったり。

 一視聴者の意見ではありますがもし、ブルーレイで出しなおすことがあるなら、最終話だけでも尺調整して1~2分伸ばして欲しいところ。先日発表されたserial experiments lainのBD-BOXはかなり手が入っているらしいですし。いや、そうでなくともブルーレイ出たら多分買いますけど。ジェネオンさん、是非是非よろしくお願いします。


 続き↓にて、この作品について考察してみたいと思います。
スポンサーサイト

[Anime] 涼宮ハルヒの憂鬱「エンドレスエイト」が終わったわけですが。 - 2009.08.07 Fri

 涼宮ハルヒの憂鬱「エンドレスエイト」がようやく終わりましたなー。

 今更、繰り返しの演出に対してどうこう言っても仕方ないんですが、これって採算とれんのか?、と逆に心配になります。まあ、繰り返しの間、脚本はほとんど変わってないので通常の1話作るよりは楽なんでしょうが。

 ひとつ突っ込むなら、6パターンあるはずのバイトがずっと風船配りだったのはどうなんだろう。繰り返しの回数が飛びとびだから、敢えて風船配りの回だけをチョイスしたってことですか。そんなところケチらなくても、とか思うけれど。



 繰り返しふざけんな(笑)という意見がたくさんあるので、敢えて繰り返したことのメリットでも挙げてみるとするなら、それは脱出時のドラマチックな演出に視聴者を感情移入させることでしょうか。

 日常を舞台にしていて動きも少ないこの話では、ちょっとオーバーなくらいの演出をしないと、淡々と事件が終わりました、としかならないだろうし。1~2話構成くらいであのラスト演出だったら、ちょっとオーバーすぎるだろ、と突っ込みたくもなるでしょうし。結果的に、確かにラストは盛り上がったと思います。

 また、背景の色調の変化で「夏らしさ」や「不穏な空気」を表現していたのは上手い、と思いました。どの話でもその手法だったんで面白さは薄れちゃいましたけれど、1話の中でこうした手法を使っている作品は意外に珍しいんじゃないかと。



 最後にスタッフがすべて異なるエンドレスエイトの繰り返しシークエンスで印象に残っているものを挙げるなら、第16話を挙げたいと思います。

 公園のシーンで背景を時計回りさせて、あっというまに時間を経過させ、8月31日のラストで背景を反時計回りさせて繰り返しを暗示する演出は印象に残りました。こればかりは、石原立也、武本康弘というメインスタッフの演出脚本だけにさすが、といったところでしょうか。というか、その回くらいしか印象に残ってるシーンがないよ。

[Movie] 『機動警察パトレイバー 2 the Movie』 感想 - 2009.08.05 Wed

 劇場版第1作に続き、パトレイバー劇場版の2作目を見た。



 第1作でも少し思ったけれど、

 攻殻機動隊SACシリーズが好きな人は是非。

 前作に引き続き、思想犯を犯人として設定することで、事件を魅力的なものに見せている。登場人物たちがそれに感化されるのも面白いし、何より視聴者に対する問題提起として面白い試みだと思う。現代日本における戦争状況(≒テロ)のシミュレーション的な色合いも強い。

 この作品が1993年。作中扱われているテロなどの様は、自衛隊の海外派遣や911事件の映像を知る今だからこそ、よりリアルに感じる部分がある。

 少なくとも僕にとってはそれら現実の事件があり、また自分自身感じる閉塞感のようなものがあり、というのを経験した今だからこそ、この作品での事件や犯人の描かれ方を面白く思えるようになったと思う。

 また、南雲隊長の過去と恋愛のほのめかしなど、抑えながらも若干のセンチメンタリズムを感じさせる語り口も魅力的

 押井色が前作より出ていて理屈っぽい作品ではあるんですが、そのあたりのバランス感は非常に好み。この辺も攻殻SACシリーズに近い感覚を受ける所以なんですが。


 パトレイバー2では東京の知っている景色が随所に挿入されていて、おっと思わせるシーンが多かった。景色の長回しは押井監督の特徴でもあるけれど、この作品ではそれだけでなく一瞬映る景色もかなり印象的。

 爆撃により次々と破壊されていく隅田川の橋群(名橋ばかり、なんてもったいない!)、新宿通りでの飛行船落下と人々が逃げまどう紀伊国屋入り口。他にも日本橋・東京駅・新宿都庁・上野アメ横・渋谷109・銀座4丁目交差点といった東京で暮らす人にとっては馴染みのある景色の中に、異質なものが映りこむ映像はなかなか刺激的でもあります。



 そういえば、有事のシミュレーションという意味では、今放映されている東京マグニチュード8.0とも重なるかもしれませんね。東京マグニチュード8.0が今後どういう展開を見せるかはわからないけれど、現実との地続き感を感じさせる映像を見せてくれることを期待したいです。

Anime Review TOP

[Movie] 『機動警察パトレイバーThe Movie』 感想 - 2009.08.01 Sat

 1980年代の作品など絵が古い作品というと、今まで結構敬遠していたところがあったのだけれど、押井監督作品だし、有名作だし、見てみた。以下ネタバレ注意!

 あちこちが既に押井作品だった。

 この頃から、既に監督の色を確立していたんだなぁと。

 劇場版でしかも割とリアル路線ということで、背景も美しく、絵柄の古さは気にならず。攻殻機動隊とかの絵に近い。

 シナリオはコンピュータ犯罪を追う刑事モノという色合いで、攻殻SACが好きな人でまだ見たことがない人は是非。この作品が80年代というから驚きだ。

 ラストの万事解決っぷりも含め、ストレートに娯楽作っぽく作られているものの、随所に押井監督らしさが現れていてニヤリとしてしまった。

 顕著なのは、川井憲次のエスニック風な音楽に乗せて廃墟のアパートを刑事二人組みが歩いていくシーン。本編の流れをぶった切るように何度も挿入されるこのシーンは、攻殻機動隊の無国籍都市の風景描写を思い出す。

 そこで感じられるある種の無常感みたいなものが作品全体を貫いていて、ちょうどバブル真っ只中に作られたはずのこの作品の時代性を浮き彫りにしている気がする。

 というか、単純にこういうシーンは大好きです。

 最後にキャラクターについて。

 後藤隊長カッコイイっす。どう考えても、野明・遊馬の主役コンビより目立ってるし。部下を陰から支える根回しのために現場を後にする後藤隊長に向かって、南雲隊長が雨のなか敬礼するシーンは名シーンだよね。

 警察ものって、踊る大走査線でもそうだったように、「敬礼」が結構感動シーンで使われることが多い気がするけれど、この作品では「感動させてやる」という感じはなく、あっさりというのが逆にじんわり来ていい感じ。

Anime Review TOP

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。