スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[名作アニメレビュー] R.O.D -Read or Die- / R.O.D The TV (感想追加) - 2010.04.26 Mon

 アクション重視で友情をテーマにしたOVA。会話劇重視で家族をテーマにしたTVシリーズ。どちらも映画的な演出が心地よく、落ち着いて見られる。本好き、だらだらした日常が好き、自分はダメ人間だなぁ、という人にはピンポイントだと思う。僕自身はかつて最初に見たときよりも、今になって見返した方が面白く見ることができました(ダメ人間度が上がってるもので…)。


 大英図書館の諜報員(エージェント)、読子・リードマン。彼女は普段神保町で本に埋もれた生活をしていた。彼女が依頼されたひとつのミッションと、その中での人間関係の行く先を描く(OVA版)。本が書けなくなった作家、菫川ねねね。彼女を護衛することになった紙使いの3姉妹。巻き込まれていく大きな陰謀と同時に彼らの絆を描いていく(TV版)。


作   品   名 総合評価 テーマ
構 成
脚 本
キャラクタ
動 画
演 出
背 景
美 術
音 楽
R.O.D-Read Or Die-
(OVA)
7.8 10
2001年アニメランキングへ
R.O.D The TV 8.2
2003年アニメランキングへ


 短編構成でアクションと日常のメリハリが効いた前半、長編のシリアス展開に突入する後半。家族像の解体・再構築というテーマのまとめ方は見事で、最終話エピローグの丁寧さは特筆すべきだと思います。映像的なキャッチーさと普遍的なテーマを両立しているTVアニメというのは意外と珍しいですね。

 前半と比べると後半の評判がイマイチのようですが、多分その原因は前作OVAとのギャップじゃないでしょうか。僕自身、読子さんのヘタレっぷりやジョーカー・ウェンディの変わり様など最初納得いかなかったものでした。今改めて見返すと、むしろ表面上のイメージが変わった部分も含めて、キャラクタの芯の部分が見えるようになったように思います。

 僕はこの作品のメインキャラクタで嫌いな人物ってひとりもいないんですが、一番好きなキャラクタはTV版の菫川ねねねでした。社会人になってちょっとした壁にぶつかったことのある人にとっては、彼女の葛藤に共感できるんじゃないかと思います。いざってときの啖呵の切り方のカッコ良さは惚れます。



 音楽はOVA版から引き続き岩崎琢。スパイアクションぽいテーマ曲から、おしゃれで軽やかな曲、憂鬱で気だるい曲まで幅が広いです。こういうシーンではこの曲、みたいな使いどころが決まっているので、見終わった頃にはいくつもの曲のメロディを覚えてしまっていました。「R.O.Dのテーマ」がかかったときのテンションの上がり方は異常(笑)

 また、過去の映画や小説からの引用・オマージュも多く、元ネタがわかる人には楽しめそう。脚本の倉田さんは超がつくオタクで有名ですが、それ以上に映画や小説関連の知識がすごい。最近のTVアニメでよく使われる内輪ネタのようなパロディとは違って、この作品におけるそれらはテーマに沿って使われているのが巧いところ。

 ひとつ僕の好みから外れる点というなら、OVA版の偉人軍団やTV版で1回限り登場する敵キャラがB級テイスト満載なところかなぁ。メインキャラクタの性格造形がテンプレから外しているだけに、彼らの描写があまりにもテンプレすぎるような気はしました。この作品のキャッチーな見た目には合ってるし、TV版の本筋にはあまり影響はないんですけれどね。



 以下ブルーレイの新録コメンタリで印象に残った部分について取りとめもなく書いてみます。完全ネタバレ注意。記憶に基づいて書いているので、コメントの言い回しは若干違っているかもしれません。


[Anime] 2010年春アニメ雑感(さらに少し追加) - 2010.04.25 Sun

 今期アニメの第1話を見た感想など。


■WORKING!
 ファミレスものだが、風変わりな登場人物の描写は割りとうまいし可愛い。平池監督ってサトジュン監督の弟子だったかな。安定はしてそうだけれど、普通だ…

■ヒーローマン
 うん、ボンズの絵だねぇ。でアメコミっぽい雰囲気、と。王道の少年向けアニメってな感じだろうか。主人公が一見女の子っぽいところが、変わった点かな。女装ネタとかありそう。今のところ突き抜けそうなものは感じないんだよなぁ。様子見。

■B型H系
 普通見ない系。何故か1話だけ見てしまった。ヒロインがH方向にぶっとんでるのを除けば、普通のラブコメになりそうな雰囲気。テンポはいい。が、やっぱり好みではないのでパス。

■Angel Beats!
 これも普通は見ない系。Key系アニメはキャラデザが受け付けない感じなんだが、これはP.A.WORKSだったし、話題作でもあったんで見てみた。…………何か前半10分ですでに見続けるのが苦しい。脚本と演技のせいかな。あちこち会話がとぶのはギャグなんだろうけれど面白くないし、ただ鬱陶しい(組織の名前とか、フジツボとか)。以下批判。

 記憶喪失の主人公(と視聴者)に対する世界観紹介であるはずが、皆が皆内輪の会話に終始しているという身勝手ぶりが、本気であり得ない、と思ってしまうんだが。客観的に言うなら、全体的に絵や間で魅せる部分がない。某所の感想で、ゲームのテキストそのままみたい、というのを読んで納得。

 あ、ライブの絵はなかなか良かったです。ただ、思い入れがないアーティストのPV流されてるのと変わらん。いずれにせよ、視聴やめ。

■荒川アンダーザブリッジ
 面白かった!ナンセンスでシュールなギャグだが、ここまで突き抜けてるともう笑える笑える。主人公やヒロインが今後ちょっとずつ変わっていくのだろうか。そんな雰囲気はあるし、楽しみにしていよう。

■閃光のナイトレイド
 冒頭の街並みの色使いでTexhnolyzeを思い出したが、それよりももっと活気がある世界観だった。大戦前の大陸、という雰囲気は出ていたし、好きな雰囲気ではある。きな臭そうな物語背景を説明した上で事件を1つ片付ける、と。導入としては結構まとまっていたと思う。

 脚本はDARKER THAN BLACKなどの大西さん、ということで結構近いかもしれない。DARKERが主人公グループと敵の小規模な駆け引きだったのに対し、こちらは大きな組織同士。その意味では攻殻SACっぽい政治的駆引きを混ぜた感じかもしれない。というか、そうなることを期待したい。

■RAINBOW 二舎六房の七人
 戦後の刑務所モノということで、かなりハードでキツい描写がされている。「ショーシャンクの空に」よりも暗い。最近はそういうのが苦手でもあるし、根性論も好きじゃないんだが、見ると結構引き込まれる。演出がしっかりしているためだと思う。見続けるかどうかは迷い中。

 ナレーション林原さんの声は久々に聴いたけど、やはり華のある声だなぁ。林原さんと言えば秋公開予定のマルドゥック・スクランブルも楽しみにしてます。

 EDのガルネリウスのサビのハイトーンボイスに度肝を抜かれた。「ムネモシュネの娘たち」で聴いたのと印象が違うと思ったら、ボーカル小野正利に変わってたのか。曲調とかは大して好きな方でもないけど、ここまで印象的なボーカルも珍しい。

■けいおん!!
 先日無事1期を見終えたので、見てみる。1期でキャラクタが出来ているせいか、受け狙いよりもドラマ重視っぽいかもしれない。梓の葛藤が今期ひきずりそうなテーマになるのかな。1期でも梓の立ち位置が一番共感できたが、今回のその辺りの心理描写もかなり良かった。今後に期待。

■薄桜鬼
 絵は綺麗。原作が女性向けゲームということで、男性キャラは美形ばっかり。その辺は抵抗ないけれど、話がベタっぽいのがなんとも。パスかなぁ。

■さらい屋五葉
 manglobe×キャラデザ中澤一登とはサムライチャンプルーの組み合わせ再び。こういう画面の暗い作品大好き。望月監督も演出がしっかりしている監督さんだし。「海がきこえる」や「絶対少年」で見せたフェチっぽい趣味を入れる部分は今回なさそうですが(笑)。男の登場人物が多い作品てのも最近希少だし、ありがたいね。櫻井孝宏はこういう一癖ありそうなカッコよさを演じるのは巧いなぁ。

■四畳半神話体系
 コレの原作は読んでいないけれど、森見登美彦は結構好きだったりする。同じノイタミナ枠の東のエデンで森見登美彦ネタが出てたけれど、本家登場みたいな。湯浅監督作品はgenius partyでしか知らないが「カイバ」は見てみたいと思っている。

 原作っぽさを出すためか、かなり慌しく喋りまくってる第一話だった。確かに森見登美彦っぽさは出ていたけれど、今後もう少し落ち着いてまったり見られる感じになってくれるとありがたい。

 絵は面白い。ノイタミナ枠は空中ブランコといい、実験的なものが多いが、こちらの方が大分見やすい。中村佑介の絵が動いているのを見られただけでも、満足。

[DIGITAL PIANO] 電子ピアノ選び、最初の最初に。 Q&A - 2010.04.15 Thu

 電子ピアノ特集です。

 昨年の記事はかなりマニアックな方向に走っていたのですが、昨年の記事を書いて以来、初めてピアノ選びをするような方も訪れてくださっていて、びっくりしていました。今回は、導入編のような記事を書いておこうと思います。

 導入編はQ&A形式で。最初は①~④まで、特に電子ピアノを選ぶ前に知っておいた方が良いと思うことを書いておきます。


①電子ピアノかアコースティックピアノか?
②電子ピアノのメリットとは?
③電子ピアノと生ピアノの違いとは? また、電子ピアノの中での価格差のワケとは?
④初心者向けの電子ピアノって? 予算についてなど。




①電子ピアノかアコースティックピアノか?

 ピアノを習うというと最初から電子ピアノを検討する方も多いと思います。最近ではピアノを練習するご家庭の9割が電子ピアノという話を聞いたことがあります。

 ただ、まず最初に書いておきたいのが、最上位クラスの電子ピアノでさえ、アコースティックピアノ(=生ピアノ)の完全な代替品にはなりえないということ。電子ピアノも昔に比べ相当進化していますが、少なくとも生ピアノで1~2年練習した人にとっては、鍵盤を弾けば、生ピアノと電子ピアノの違いはわかってしまうと思います。

 住宅事情や予算を考慮し、生ピアノを置ける環境であれば、そちらを選んだ方が良いと思います。

 一応誤解のないように書いておきますと、少なくとも最近の電子ピアノ(の上位クラス)は趣味レベルの練習には十分な性能を備えていると思います。プロのピアニストを目指すのでもない限り、普段の練習が電子ピアノであっても大丈夫です。


②電子ピアノのメリットとは?

 では、電子ピアノを選ぶ意味合いはどこにあるのか、というと、安い・軽い・静かという3点が最も大きなポイントだと思います。

 生ピアノを買おうとした場合、最も安い価格帯のアップライトピアノで60万円前後。200kg以上という重さは木造住宅では床の補強が必要になる重量です。また、マンションなどの場合、騒音の問題で楽器禁止とされているところも多いと思います。

 電子ピアノは今では10万円以下から手に入ります。重量も40~80kg前後のものが多く、言うなれば人ひとり分の重さしかありません。ヘッドホンが使えるため、マンションや夜間練習にも使用できるというのも大事なところです。


③電子ピアノと生ピアノの違いとは? また、電子ピアノの中での価格差のワケとは?

 大きく分けて、『タッチ(鍵盤を弾いた感触)』と『音の出方』、という2つの違いがあります。

 電子ピアノでは②で述べたような軽さ・安さを実現するために生ピアノとまったく違う鍵盤の構造をとっています。そんな制約のある中で、生ピアノに近いタッチを実現するために様々な工夫がなされています。その工夫の仕方は、メーカーによって、機種によって異なります。(注:ヤマハの最上位機種で生ピアノと同じ鍵盤構造を取る機種がありますが、そちらは価格も重さも生ピアノと同じになってしまっています)

 また、生ピアノでは弦を叩いて音を出しますが、電子ピアノには弦はありません。現在、電子ピアノの音は生ピアノの音を録音した「サンプリング」という方式を取っています。鍵盤がスイッチになっていて、鍵盤を押すとそれに対応する音がスピーカーから再生されるようになっているのです。実際には鍵盤を押す強さ・速さなどによって、音の大きさや音質が変わるように調整されています。

 しかし弦を叩いて出る音の細かな変化や微妙なニュアンスを、すべてのパターンで録音するのは不可能です。また音の変化もあくまでシミュレーションに基づくものに過ぎません。録音の際の精度や、シミュレーションの細やかさ、スピーカーの質、といった点が揃って初めて「いい音」になります。

 電子ピアノでは上位機種ほど、「優れた鍵盤」や「優れた音」が搭載されており、これらの違いが価格差になっています。


④初心者向けの電子ピアノって? 予算についてなど。 

 多くの紹介記事や家電量販店などでは、ほとんどの場合、低価格帯のピアノを初心者向けとして紹介しています。しかし、これは逆ではないか、と思うのです。上にも書いた通り、電子ピアノにおいては上位機種ほど、「生ピアノらしい」特性を持っています。ほとんどのピアノ教室には生ピアノが置いてあり、自宅練習において、それに近い練習環境を用意することは、効果的な練習をするためには不可欠だと思います。

 多くのメーカーが10万円クラス以下をエントリーグレード、15万円クラス以上を上位機種と位置づけており、実際そこでの性能差はかなり大きいものがあります。私見ではありますが、ある程度長く(2~3年以上?)続けるなら、15万円クラスを選んで損はないと思います。


Digital Piano TOPへ

[DIGITAL PIANO] 2010年 ヤマハ新商品雑感 - 2010.04.11 Sun

 ヤマハの10万円以下クラスがモデルチェンジしました。試せたので軽く印象などを。

■ YDP161 ■

 鍵盤は変更なしのGH鍵盤。従来同様、この価格帯では最も手ごたえ感のある優れた鍵盤です。で、従来機種の弱点だった音質の改善が主な変更点ですね。音源自体は従来通りの3レベルサンプリング音源ですが、スピーカーが変わったということで、従来よりクリアな音。ただ、CLP330と違い、高音のキンキン感が目立ちます。このクラスでいうと、やはりローランドとカワイの方が音質は良いと思います。

 ローランドに引き続き、こちらも実質1万円の値上げ。先日カワイCN-22が値下げしていることを考えると、少し敷居が高いですね。この価格ならやはり上位モデルが視野に入る気がします。特にヤマハの場合、上位音源を搭載したP-155が同価格ということで、価格設定が非常にわかりにくいことに。実際、P-155の4レベルサンプリング音源の方が、音色変化は格段に自然です。

 とは言え、P-155はスタンド別売りの分割高ですし、このクラスで鍵盤タッチ重視なら、やはり候補にはあがるでしょう。他に候補が少ないので。

■ YDP-141 ■

 こちらも音源の変更・価格改定ですが、あまり語ることがないですね…。相変わらずのGHS鍵盤。今回のこの価格設定はちょっと高すぎます。モデルチェンジ前のYDP-160より高いというのはいかがなものか。



 何だか、最近のヤマハは普及価格帯であまり力を入れてない気がしますね…。上位機種はAVANT GRAND、CP1シリーズなど面白いのに。まだ先でしょうが、次のCLPシリーズのモデルチェンジに期待。

Digital Piano TOPへ

[DIGITAL PIANO] 2010年 ローランド新製品雑感 (HP307GPなど追加) - 2010.04.11 Sun

 昨年末、基幹となるHPシリーズのモデルチェンジや低価格帯のF110の発売などがありましたが、それらの変更が多機種にも順次適用されてきた模様。低価格帯のRP-201、コンパクトタイプのDP-990F、DP-990RF、高級機種のLX-10Fが発表されています。

 とはいえ、LX-10やDP-990Rなど発売から1年程度でのモデルチェンジというのは異例。これまた最近のヤマハCVPのモデルチェンジ(CLPと同じ音源の搭載)が今更感のあるものだっただけに、今回のローランドのモデルチェンジは、いいものを出し惜しみせず直ぐに製品に反映させようという姿勢が見えて、好印象。

 試すことのできたものから順に簡易レビューしてみます。

■ RP-201 ■

 F-110の内容が反映され、ピアノ音源が旧HP-200シリーズと同様のものになったと思われます。音質、強弱の表現力ともに10万円クラスではトップ。F-110と比べると躯体がしっかりしている分、強音のキンキン感が軽減されていると感じます。

 ただ、相変わらずのPHAαⅡ鍵盤…うーん。F-110はデザインと音の良さから、趣味の人にはそれなりに勧められると感じたのだけれど、どうもこちらはターゲットが見えないなぁ。

 さらに価格を見て愕然。109,000円(某店では115,800円)って…値上がりしてるし。もともとローランドは15万円クラスからが中心ですし、敢えてRPを出しているのは10万円以下というところに価値があるんだと思ってたんだが。ライバル機種であるCN22やYDP160が軒並み値下がりして9万円以下という中、これは厳しいんじゃなかろうか。F-110と椅子を買った方がまだ安いですし。

■ DP990F、DP-990RF ■

 これも音源の変更が中心。見た目上はミディアムチェリー色の操作パネルがシルバー→黒に変更されたくらい。音も含め予想の範囲内ではあります。細かい部分で言うと、操作パネルの角度とボタン形状が変更されたので、弾いている途中に指が当たりにくくなったと思う。

 ひとつ気になるのが、新音源とスピーカーの相性が悪いのか、妙に耳に近いところで鳴っているような感覚。HPシリーズでも若干感じてはいましたが、DPシリーズでは特に顕著。店頭で聞くと前のほうが良かったように思われかねないような。

 もっとも、このシリーズに関してはヘッドホンで練習する人が圧倒的に多いと思いますので、大きな問題ではないかも。相変わらずこの価格帯で唯一のコンパクトモデルですので、性能の良いコンパクトモデルを探している方にはこれ一択かと。

■ LX-10F ■

 試してきました。新開発のペダルは、知らなきゃ気づかなそうです。ペダルのエスケープメントみたいな感じ。グランドピアノのそのあたりに注目したことがあまりなかったので、近いかどうか判断できず…。最近グランド弾く機会もほとんどないしなぁ…。

 音源の変更は、かなりいい感じ。和音の響きが綺麗になったのが最も印象的。臨場感がある。上に書いたような耳の近いところで鳴る感じ、というのは若干感じられるものの、他機種よりは気にならない。

 ヤマハCLP-380と比べスピーカー性能はまだ負けていると思います。しかし、音源の性能含めて考えるなら、音の鳴りは同等と言えるのではないでしょうか(迫力はLX-10Fの方が若干上)。HP-307と比べると、音を出して弾く機会が多いなら断然こっち。前のモデルより下位機種との差は大きくなったと思います。

■ HP307GP, HP305GP ■

 島村楽器限定モデル。たまたま見かけたので試してみました。ピアノの音色がベースモデルより増えていますが、それらの音がなかなかいい感じ。僕自身は通常音色よりこちらに入っているグランド・アップライト音色の方が好み。リバーブが少なめでより素直な音に感じました。スピーカーを通しての音しか試せていないので、ヘッドホンでも試してみたいところ。

 専用のカラーも高級感があります。特にHP-307は通常カラーだと奥行きの大きさが目立ってしまうデザインでしたが、こちらの木目調仕上げは鏡面仕様と同様に高級感があると思いました。

 値段は通常モデルと変わらずということで、お得感はありますね(量販店や通販ではポイントが付いたりするので、比較すると実質割高にはなりますが…)。欲しくなりそうだ…。



Digital Piano TOPへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。