スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Anime] serial experiments lain Blu-ray BOX 感想 - 2010.10.28 Thu

『lain』のブルーレイが届いた。久々に見たら一気に見てしまった。

 一通り見終えたんだが……すげー、すげーよ。まるで印象が違う。ということで以下、ブルーレイ版の感想(ストーリーネタバレはないです)↓
スポンサーサイト

[Anime] 2010年秋アニメ雑感 - 2010.10.28 Thu

今期のエロっぽいアニメの多さにちょっと萎え気味な管理人です。見ようという作品が消去法で決まってしまう。

■それでも町は廻っている

 今期一番期待してた作品。もともとネット上のマンガ感想などで軒並み高評価だったのでタイトルだけ知ってはいた。3話まで観たが、面白い…のかな、これは?一種のシチュエーションコメディなのかもしれんけど、型にはまったコメディじゃなくて淡々とした妙に非日常的な日常が展開される。一方、演出はコメディ調の大げさな感じだ。雰囲気は嫌いじゃない。むしろその曖昧さが味であるようにも思える。視聴決定ー。

■荒川アンダーザブリッジ2期

 1期をそれなりに楽しませてもらったので、引き続き鑑賞。しかし、新キャラが出てももはや既存のキャラにインパクトで負けているので、驚きとかがなくなってきた。序盤はそんなにテーマに深く踏みこまずにいくんだろうけれど、新展開が欲しいなぁ。

■たまゆら

 ARIAのスタッフが手がける作品ということで、第1話を鑑賞。ノリとしては近いんだけど、なんだろう…やっぱり違うよ。あっちは完全に理想的な世界という土壌があったから、いい話を素直に受け入れやすかったのかもしれない。佐藤順一監督作品は序盤平凡に感じながら後で化けていくことも多いんで、もう少し観続けると思う。

■海月姫

 大森監督+吉森信音楽という『デュラララ!!』スタッフということで第1話を観てみた。安定して面白そうではある。とりあえず見ようかな。

■STAR DRIVER 輝きのタクト

 ウテナっぽいという感想を読んで観てみる気になった。まだ1話しか観てないけど、うん、ウテナっぽいね。榎戸氏の脚本にしても、演出にしても随所に意識してると思われるシーンがあるし。1話で主人公に負けた緑髪さんが西園寺と同じ残念な道を辿りそうな気がしてならない。続きは気が向いたときにまとめて見る…かもしれない。

[Movie] 映画『バグダッド・カフェ』 感想 - 2010.10.24 Sun

 ニュー・ディレクターズ・カットと称されるブルーレイ版を観た。以前に観たことはなく、ネットでの評判(絵が綺麗、とか)と、主題歌である"Calling You"が非常に耳に残る曲だったので。

 このところ、好みの映画を求めて情報収集にいそしんでいるが、紀伊国屋レーベルって凄いんだな。これもそうだけれど、"評価は高いけれどちょっとマイナーっぽい作品"のパッケージ化には非常に力を入れているみたい。観てみたい作品がいくつか出てきた。そんな紀伊国屋レーベルのブルーレイ第1弾作品。

 さて、この映画だが、雰囲気は相当好みだ。どこを切り取っても壁紙になりそうな画面の美しさは感嘆するしかない。くすんだ、それでいてグラデーションの美しい風景とか、鮮やかな色の小物類とか、実写というより絵みたい。一方、ストーリー的に好みかというとそこまででもなかったような?断言しづらいところがあった。

 その原因は、僕がある1シーンだけ、あれ?という箇所があったからだった。ちょっとその辺も考えつつ、この映画で感じたところを文章にしてみよう。以下、映画の内容に触れる↓

[Novels] 冲方丁『マルドゥック・スクランブル完全版』他、感想 - 2010.10.21 Thu

 最近読んだ本の感想。2分割の2番目。続きにて↓

[Novels] 小川洋子『偶然の祝福』 他、感想 - 2010.10.21 Thu

 とりあえず、最近読んだ本がたまってきたので、感想を投下。

まとめすぎて長いので、2回に分けよう。とりあえず1回目。続きにて↓

[DIGITAL PIANO] 2010年秋 カワイ・ローランド新製品雑感 - 2010.10.13 Wed

 まとめ的な記事を書きあぐねているうちに、随分、間が空いてしまった。今回は、カワイCA13、ローランドHP-i7F・HP-i6Fを試奏してきました。

レビューはそこそこ長いので、続きにて↓

[Movie] 映画『グラン・ブルー』 感想 - 2010.10.03 Sun

 リュック・ベッソン監督『グラン・ブルー』のデジタル・レストア版がリリースされたので買った。この作品はかなり昔に一度見ている。実をいうとそのときは、何となくで見ていてあまり良いとも思わなかった。当時の自分は映画を見て何か考えるとかせず、ただ受身で見ていたので、当然っちゃ当然なのだけれど。断片的なシーンの記憶があるくらいで、ストーリーすらあまり覚えていない。

 ところが、今になってちょっとストーリーの概要とかを調べてみると、これ『スカイ・クロラ』(小説版の方)に精神性が凄く近いんじゃないかと思えてきた。となれば見返さないわけにはいかない、と意気込んで…というほどでもないが、せっかくの機会なので見返すことにしたわけ。

 amazon限定のスチールブック仕様は初めて買ってみたけれど、気に入った。一枚もののブルーレイの青いプラケースは安っぽいと思っていたので、その辺に不満がある人にはぴったりじゃないかと思う。ディスクが半透明なのに少し驚いたが、光にかざすと綺麗だ。

 ここからは映画の内容に触れる。

[Novel] 桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』 感想 - 2010.10.03 Sun

 いつのまにか文庫化されていたので、桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』を読んだ。好きな作家にも関わらず直木賞受賞前後からの作品をほとんど読んでいなかったのだが、今回読んだこの作品は、やっぱり僕の好みだった。それ以上に、今まで感じていたもの以上のものを読まされて感嘆した。これは最近の作品も読んでみなくては。

 今回は『赤朽葉家の伝説』の感想というより、僕がこれまでに読んだ桜庭一樹作品全般について今の時点で考えてみたこと、になってるかもしれない。項目1が若干ながら『ブルー・スカイ』のねたばれになっているかもしれないので、未読の方は注意を。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。