スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Anime] 2009年秋アニメ雑感(2) - 2009.10.20 Tue

■ささめきこと

 OP、EDともに清浦夏美さんということで、かなりツボ。しかもOPは窪田ミナ作曲で、なんという自分好みな組み合わせ。とまあ、それだけで見る気満々なわけですが、内容の方も最初の2話はかなり丁寧な脚本と感じました。まあ、人間関係のひどい絡まり具合は下手するとベタな昼ドラになりかねませんが、今の雰囲気を保ったまま行って欲しいと思います。

 正直映像面では今期の中では少し見劣り。SD制作かな。前期の「青い花」のように映像面でも繊細さを感じさせるものだと良かったんだけれど。しかし、脚本の倉田英之氏は守備範囲が広いですねぇ。

■DARKER THAN BLACK 流星の双子

 自分の中では今期一番の期待作。1期のBD-BOXも買っちゃったし。かなりいい出だしだと思いました。相変わらず、人間味のある人物たちの描き方が非常に上手く、余裕が感じられるつくり。第1期のちょっととぼけたような味わいが少し懐かしいですが、今期はこのままシリアス一本で行くのだろうか。なんにしろ銀がどうなったかが非常に気になります。

■青い文学シリーズ

 非常に安定したつくりで映像美に浸れそう。暗いの得意なマッドハウス制作、割と万能なイメージの浅香守生監督ということで個人的にはかなり安心。ストーリーは名作リメイクなのでいわゆる予想の上を行く大当たりはないかもしれませんが、アニメ「魍魎の匣」に近い画面の雰囲気は非常に好みなので、雰囲気に浸るために見ます。

■空中ブランコ

 これは…正直きついな。伊良部シリーズの原作は「イン・ザ・プール」だけ読んだことがあるけれど、なかなか一捻りしたユーモア感覚のある面白い作品だったと記憶している。で、その一捻りしたのを映像にしようとしたんだろうけれど、何もかも過剰。制作側の狙いはわからなくもないが、一言でいうと洗練されてない、と感じた。

 実写の混ぜ方にしても、背景人物の紙芝居映像にしても、福井アナのカクカクした解説も、次から次へ演出のアイデアを見せられているようで、原作の力の抜けた感じとは裏腹に緊張感を強いる。視聴断念。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/125-799ae2df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[Anime] 2003年アニメランキング(茄子 アンダルシアの夏、追加) «  | BLOG TOP |  » [DIGITAL PIANO] カワイ新商品雑感

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。