スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[名作アニメレビュー] true tears - 2009.12.13 Sun

 この作品を見たのは本放送が終わった後でした。学園恋愛ドラマというのは、アニメではなかなか見る気がおきないでいたジャンルだったのですが、ネットでの評判の高さ、それに当時「シムーン」を既に見ていた自分にとって監督西村純二・脚本岡田麿里というコンビはそれだけで期待感が持てるものだったからです。結果、最終話まで一気に見てしまいました。


 絵本作家を目指す主人公・仲上眞一郎はある日、涙を流せなくなった少女石動乃絵と出会う。変わり者と評される彼女の動きが眞一郎の周囲の人間関係を静かに、しかし確実に動かしていく。富山県南砺市城端地区という実際の街並を舞台に、心情描写重視の群像劇を描く物語。

作   品   名 総合評価 テーマ
構 成
脚 本
キャラクタ
動 画
演 出
背 景
美 術
音 楽
true tears 8.2 10
→2008年アニメランキングはこちら

 原案がゲームということですが、「主人公が複数の女性にモテる」という点以外にそれを感じさせる要素はありません。

 フィクション(特にゲーム原作モノ)においては共学の学校での男子女子の仲の良さが嘘っぽいなぁと思ったりするのですが、この作品では男女の間に徹底的な距離感があります。大学生ならともかく中高生ってこうだと思うんですよね(主観ですが)。決してすぐ仲良くなったりしない、その距離感・緊張感の表現がこの作品の肝だと思います。



 その点に注目するとキャラクター設定もかなり納得。通常と違う価値観で動いているが故に一方的にその距離を壊してくれる乃絵。物理的距離が近いが故に却って不自然な距離感になってしまっている比呂美。主人公の幼馴染であるが故に元々心的距離感の近い愛子。

 3人のヒロインが、主人公との距離感においては初めから物語内で特別な設定を与えられているんですよね。だからこそ冒頭に書いた「主人公がモテる」という点でもあまり不自然さは感じませんでした。

 そういえば、乃絵って最初の印象は「イエスタデイをうたって」のハルだったんですけど、物語の立ち位置的には「シムーン」のアーエルとも被りますね。こうした人物を投入して群像劇を動かしていくのは西村監督作品の特徴なのかも。



 絵の見所も多いです。少し霧がかかったような背景美術はとても美しく、まさに北陸の涼やかな空気感にぴったり。何より、それらを印象付ける演出が優れていると感じました。何気ないシーンで、人物からカメラを外し背景や外の景色に視点が切り替わる。それらは会話の間にもなっていて、流れている時間が東京とは違う、少しゆったりと感じられる気がします。



 また、脚本の方でも各話の引きが強烈。先が気になります。変わり者として設定されている乃絵はともかく、他のヒロインたちや主人公にも印象的な台詞が多くあります。普通にいそうなのにキャラが立っているのは見事。あ、冷静に考えると主人公も相当に変なやつかもしれません(笑)。

 恋愛モノとしてベタな要素も取り入れつつ、全体としてありがちじゃない青春群像劇になっていると感じるのは、これらの脚本や演出によるところが大きいと思います。まぁ、視聴者の予想を裏切るために、終盤の展開がやや強引だったり、やりすぎかな、と思える展開もあるのですが。全体的には成功しているんじゃないかと思います。一見の価値ありです。




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/132-58387864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[Anime Review] 名作アニメレビュー(少女革命ウテナ、追加) «  | BLOG TOP |  » [DIGITAL PIANO] Roland F-110、KORG SP-170雑感(12/13追記・修正)

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。