スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[名作アニメレビュー] 少女革命ウテナ - 2010.05.23 Sun

 久しぶりにウテナを通して見た。やっぱり好きだー。既存の価値観をぶっ壊してくれる心地よさ。稀有な作品です。演劇的な演出、シュールなギャグとシリアスの切り替えの奇妙さは、映像作品を見ている人ほど楽しめるかもしれません。何より自分は作品を通して伝えられるメッセージの力強さに痺れます。


 鳳学園中等部に編入した男装の女子中学生、天上ウテナ。「薔薇の花嫁」である姫宮アンシーと関わったことにより、彼女は学園内で行われる薔薇の花嫁をめぐる決闘ゲームに巻き込まれていく。決闘ゲームは「世界の果て」からの謎めいた手紙によって執り行なわれていた…。


作   品   名 総合評価 テーマ
構 成
脚 本
キャラクタ
動 画
演 出
背 景
美 術
音 楽
少女革命ウテナ 8.6 10
→1990年代後半アニメランキングへ

 第1話、今から思えば作品世界観の紹介として無難に作っているわけですが、初見時には冬芽のラストの台詞で爆笑させられ、何だコレ?と思ったものでした。見続けるうちに、作品から受ける印象がどんどん違ったものになっていきました。

 作品を初めて見る人は「生徒会編」と位置づけられている12話まで、とりあえず見てみるといいんじゃないかと。相手との関係性についてシビアに視聴者に問いかける展開は、この時点まででも只ならぬものを感じさせてくれるはず。物語の根幹であるウテナとアンシーの関係性や、ウテナが王子様を目指した本当の理由、鳳学園という舞台装置の意味、といったところはまだまだこの先です。



 この作品の面白いところは、象徴的に描かれるキャラクタたちにもかかわらず、彼らが非常に人間らしく見えてくること。それぞれに表の顔、裏に秘めた想いや葛藤がある。表の顔をしていたキャラクタが本音に切り替わる瞬間の演技に何度ぞくっとさせられたか。

 それらが結局、他者との関係性(恋愛だけでなく)に起因するものである、というのが作品のテーマと重なります。この作品が10年以上経った今見ても、決して古く見えないのは、目を引く演出だけが理由ではなく、作品の根幹が普遍的なテーマを扱っているからだと思います。



 演出について少し書いておきます。舞台演劇を意識しているというのが有名ですが、90年代のTVアニメ作品としては、人物アップより引きのレイアウトが多いことも特徴だと思います。台詞回しの間を十分とっていることもあり、映画的と感じるシーンも多いです。

 音楽も外せません。シーザーの合唱曲は初めて聴いたとき、それはそれは衝撃的でしたが、このカッコ良さは癖になります。「バーチャルスター発生学」が一番好きかもしれません。シーザー曲以外の光宗信吉が手がけているBGM部分も印象的な曲が多いです。監督が曲調や楽器に関してもかなり注文を出して作品作りをしていったとの事。場面とのシンクロ具合も納得です。


P.S.
 最後に。自分がこの作品で気になることがもう1つ。フィクションとしての世界観設定が驚異的に巧いと思うんですよ。作品の世界観を壊さずにココまでやれる、という範囲がめちゃくちゃ広い。

 シリアスな作品だと、ちょっとしたことが作品から感じるリアリティを崩してしまったり、ギャグが混在する作品だとある種のギャグのシーンだけ作品から浮いてしまったり、ということがあります。この作品、そういったことがほとんどない。七実の回なんて、かなりめちゃくちゃなことをやっているにも関わらず。

 これは一体なんでだろう、と思うんですが、今はよくわかりません(笑)。フィクションに感じるリアリティ、というようなテーマは、いずれちゃんと考えてみたいですね。

名作アニメレビューTOP

● COMMENT ●

少女革命ウテナに会って・・・

未だにテレビアニメの方は観れてませんが、動画をちらちら観てると、気付くと魅入ってるんですよね・・・。

Re: 少女革命ウテナに会って・・・

こんにちは。

ウテナの絵と演出は魅力ありますよね。TV版は結構長いので、序盤は見るのに結構時間がかかった気がします。その分、最終話の感動もひとしおなので、是非見てみてください(^-^)!

また、感想などいただけると嬉しいです。

少女革命ウテナ

アニメは観れてませんが、カラオケでムービー観た時、感動しました!!

バーチャルスター発生学

こちらの曲もカラオケで聴いたり、CDで聴いたりしてます。

Re: バーチャルスター発生学

バーチャルスター発生学、ウテナの楽曲の中で一番好きかもしれません。カラオケで歌ったらおかしなテンションになりそうですね。女性が歌ってたらカッコよすぎます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/152-4e520823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[DIGITAL PIANO] 2010年 カワイ新製品雑感(少し訂正・追記) «  | BLOG TOP |  » [Movie] 映画『いばらの王 - King of Thorn』 感想

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。