スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Novel/Comics] 萩尾望都 『A-A'』 他、感想 - 2010.06.14 Mon

萩尾望都 A-A'

 以前、スカイ・クロラの記事のコメントでお勧めされた短編集ですが、今更読んでみた。

 A-A'という最初の1編が特に気に入った。確かにスカイ・クロラのキルドレという存在は、この作品の一角獣種の立場に近いものがあると感じた。もっとも違うのは、あちらが一人称で描かれた長編であり、こちらは(若干のモノローグがあるものの)三人称で描かれた短編であるということ。そのためややあっさりしており、読者の想像力にゆだねられる部分が多い。

 物語そのものについて非常に感想が書きづらい。自分の中で、まだまとまらない。ひとつ悔やまれるのは、僕がこれを文庫版で読んでしまったことだ。この世界観と絵はもっと大きな版で読みたかった。そうすればもっと世界観に没入できるだろうな、と思わせられた。ちょっとこれを気に他の萩尾望都作品にも手を伸ばしてみようかと思い始めた今日この頃。とりあえずPerfect Selectionあたりで有名どころからいってみようか、と思案中。

 紹介してくださったチルハナさん、ありがとうございました。

モンゴメリ 赤毛のアン

 R.O.D The TVに影響されました。

 単純にとても面白かった。キャラクタ小説として、最近のライトノベルの中に放り込んでも違和感ないんじゃなかろうか。愛すべきキャラクタという意味で、アンという少女の造形は見事すぎる。思っていた以上にR.O.Dで引用されているところがあってニヤリとしてしまったり。

 この作品、児童文学みたいな扱いを受けている印象があります。しかし作中で、マシューとマリラがアンに感化されて変わっていくように、この作品は本来オトナの人たちをメインターゲットにしてたんじゃないか、という気がします。僕自身この作品から受け取れるものがあったと思います。読んでおいて良かった。


ヘッセ デミアン

 ウテナに影響されました(笑)。何だアニメ関係ばっかじゃねえか、という気がしますが、結果的に世界が広がればそれで良し。

 これは…もっと昔、中学時代とは言わないまでも高校くらいのときに読みたかった。当時の自分が理解できたか、そこからちゃんと受け取れたかはわからないけれど。触れておけばよかったと思う。ウテナだけでなく、今の自分が好きな様々な作品にも通じるテーマだった。しかも、ここまで直球で描いているということに、圧倒される自分がいる。

 多分作者は、デミアンのような友人が欲しかったんだろうなと思う。これを書いたのが40歳を過ぎてからという。作品から感じる憂鬱さと熱情の混ざり合った感覚から、もっと若い頃の作品かと思っていた。解説で知って驚いた。

 直接の関係はないが、ミステリ作家の島田荘二が「異邦の騎士」のあとがきで、「御手洗のような友人が欲しかった」と書いていたのを思い出した。誰しも、物語の中に自分の理想の友人を作ろうとするものなのかも知れない。特に孤独で憂鬱な時代をすごした後には。

P.S. デミアンは新潮文庫版と岩波文庫版があるようですが、書店で最初の1ページだけ読み比べて、岩波版を選びました。こちらの訳の方が僕には読みやすかった。


● COMMENT ●

 チルハナです、こんばんは。萩尾望都氏の作品を気に入っていただけたようで、嬉しく思います。同氏は小説という媒体で発表されていても、きっと高評価を得られていただろう作品を多く発表されており、低く見られていた“漫画”の地位を向上させた功労者でもある方です。

 その内容の濃密さと着眼点のユニークさ、他に類を見ない独特の叙情性を持ったSF作品「スター・レッド」「銀の三角」は、男性クリエイターにもとても影響を与えた作品なので、特にお勧めしておきますが、「ポーの一族」も是非、最終章「エディス」まで読んでいただきたいですね。

 以前、「ファンタジックチルドレン」のレビュー記事を掲載されておられましたが、子供達のマント姿や、アギーとクックスの関係などが「ポー」と酷似しており、さらに「エディス」の作中での1場面に、そのまま「ファンチル」に引用されたと思われるシーンが存在します。

 続編を熱望する声が多かったにも関わらず、きっぱりとこの作品については筆を置かれたため、オマージュとして「ファンチル」が制作されたのかもしれませんね。
 ただ、同氏レベルの女性のSF漫画作家を殆んど思いつかないのだけが残念なのですが。

Re:

おひさしぶりです。参考になるコメントいつもありがとうございます。

ポーの一族、読みかけたのは随分昔で内容をかなり忘れてしまっているので、最初から再挑戦してみます。なるほど、ファンチルで引用されていたんですね。萩尾望都作品は多いので、これからかなり楽しめそうです(笑)。

少女漫画でSFというと、これまで自分が読んだ少ない中では樹なつみの「OZ」は面白かったです。テーマはSFでは定番ですが、プロットや構成が上手いなぁ、と思った記憶が。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/155-b855e3c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[Illustration] 灰羽連盟BD記念イラスト続き «  | BLOG TOP |  » [Illustration] 『灰羽連盟』よりレキを描いてみる(途中経過)。

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。