スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Movie] 映画『1999年の夏休み』 感想 - 2010.08.18 Wed

 ここ数年、自分が見た映像作品というとアニメに相当偏っているわけで、映画の方ももう少し開拓してみようかと思う今日この頃。随分古い映画です。『トーマの心臓』を原案にしているということに興味を引かれ、さらに男キャラを女性が演じるという紹介に『シムーン』を連想せざるを得ない。しかも某所で予告を見たらデミアンからの引用(『ウテナ』と同じ箇所ですね)まであるし。これは見るしかないと(笑)。

 やはり女性が演じる少年というのはかなり独特。カメラが引くとやはりシルエットは女性だしね。そんな中で当時15歳の深津絵里だけはあまり違和感なく少年っぽさを感じた。作品通しての繊細な雰囲気はいい。ちょっと『リリィ・シュシュのすべて』を思い出したりした。

 自分の中で消化不良なのが、やはり少年愛的な部分か。フィクションとしては楽しめるんだが、感情移入しづらいというか。百合だったらそれなりに感情移入できるのに(笑)。いや、それも違うか。どちらも感情移入しているわけではないような気がするけれど、単に百合の方が受け入れやすい気がする。

 なんでだろ。自分が男だから?ありえねぇ、と無意識に思ってしまってるんだろうか。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/171-2f4d94cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[Movie] 映画『カラフル(Colorful)』 感想 «  | BLOG TOP |  » [Novel/Comics] 米澤穂信『遠回りする雛』 他、感想

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。