スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Novels] 小川洋子『偶然の祝福』 他、感想 - 2010.10.21 Thu

 とりあえず、最近読んだ本がたまってきたので、感想を投下。

まとめすぎて長いので、2回に分けよう。とりあえず1回目。続きにて↓ ■古川日出男『gift』

 気になってはいた作家さん。本屋でぱらぱら見て、他の本に比べ癖が少なく読みやすそうだったので買ってみた。短編集なのであっさり。ほんとにあっさり。読んでいると、ちょっと映像が浮かんで面白い。読み終わった後もイメージを覚えているので、時間をおいて読み返したら面白いかもしれない。

■冲方丁『マルドゥック・ヴェロシティ(2)(3)』

ぼんやり読んでたら、途中から事件の複雑さについていけなくなり困った。いや、まぁ、人間関係だけ追っていくような読み方でも、普通に面白かったんだけど。好み的には、バトル描写が多すぎた。すごく映像的な文章だと思ったけど、映像化するには色々規制がかかりそうだな、これ。

■吉本ばなな『デッドエンドの思い出』

 いままで『つぐみ』しか読んだことなかった。筆者にとって思い入れの深い作品らしいのだが、非常に女性的で生々しく感じる。僕にとってなかなか理解しづらいのは、作中に度々出てくる、"運命的な直感"みたいなものを互いに感じとるような感覚。これが男性女性の違いによるものなのか、個人の感覚(経験?)の違いなのか、少し悩んだ。

■小川洋子『偶然の祝福』

 吉本ばななに続いてこの本を読んだのだが、先の疑問は自分の中では個人の感覚の違いなのだ、という結論にとりあえず落ち着いた。この人の作品は先の吉本ばななとは真逆で、他者との間には親しい間柄だとしても必ず何か冷たい壁のような、理解できない部分が感じ取れる。その感覚の方が僕には理解しやすい。

 この人の本を読むのは初めて。『博士の愛した数式』が有名なことは知っていて、それが"あったかくていい話"的な評判だったので、好みじゃないかなと思っていたのだが誤解だった。好きな作家になりそうな気がするので、もう少し色々読んでみよう。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/173-44a79c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[Novels] 冲方丁『マルドゥック・スクランブル完全版』他、感想 «  | BLOG TOP |  » [DIGITAL PIANO] 2010年秋 カワイ・ローランド新製品雑感

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。