スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Movie] 映画『ノルウェイの森』感想 - 2011.02.26 Sat

 ようやく観に行けた。公開された頃に時間ができたら行こうと思っていたのに、忘れてた。結構久しぶりに映画観に行った気がするが、映画館で見てよかったという映画だった。

 少し長いので、続きは以下にて。  キャラクタについてはんー?という部分もあったけれど、作品全体として僕にはとても魅力的だった。原作を読んだのはかなり前なので、以下の感想に思い込みや勘違いがあるかもしれない。

 一番強い印象としては、直子もミドリも声の出し方が甘ったるい感じで、聞きようによっては媚びているようにも聞こえるところ。そうした生々しさは僕は少し苦手で観始めはあまり好きになれない感じがあった。特に、原作でのイメージが頭に残っているミドリについては魅力が薄れた気はした。実際のところ、別に媚びているわけではなく、そういう喋り方のキャラクタなのだということは観ていけばわかる。原作のこざっぱりとした印象と比べると、どちらも情緒不安定な激しさが強調されて描かれていたということだと思う。

 また、ワタナベについてはある意味イメージどおりで、そもそも原作での理屈っぽいセリフ回しが実際に口にすると、誤魔化しや逃げに見えてしまう部分があると感じた。この作品においては、直子もミドリもワタナベも、それらの原作からのずれが結構うまいこと作品内での対比になっていて、作品テーマともリンクしていたと思う。

 つまり、『彼らはそれぞれ我侭で、別々の思いをもっているのだけれど、その上で相手を必要とするというのはどういうことなのだろう』、と。僕はワタナベに感情移入こそしないけれど、直子を失った彼の悲しみについてもっと考えなければならない気になっている。

 付け加えて言うなら、松山ケンイチも菊地凛子の主演ふたりは、佇まいが非常に魅力的だった。今作でのワタナベと直子を見ると、ただ立っている、歩いているだけのセリフのない演技でそう思った。

 映像や劇伴音楽はからっとしていて湿っぽくならず、原作っぽい、個人的にも好きな雰囲気になっていた。上で女性キャラクタが生々しいと書いたが、結局のところ作品全体としては生々しさは薄れ、透明な雰囲気が残っている。

 映像面ではそれぞれのカットが構図やら光の加減やら、とても美しい。風景をパノラマ撮影した映像が多用されているけれど、それらも登場人物の距離感や孤独感を感じさせてとても印象に残っている。原作はどうもエロいシーンが多かった、という印象が先行してたのだけれど、こうして巧いこと叙情的に見せられると、あぁそれぞれのシーンがちゃんと物語上意味を持っていたんだなと、今更ながらよくわかったりもした。原作、読み返そうかな。

 レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドが手がけた劇伴はアコースティックギターと室内楽っぽい音作りで好みだった。同時にCANの楽曲もいくつか使われていて、これまで知らなかったのだけれど、劇中使われた楽曲は(それを狙ったのかもしれないが)ビートルズっぽい音だなとちょっと思った。全体的に楽曲のトーンが作品に合っていてかなり気に入った。サウンドトラックにも手を出してみようかと思っている。

P.S.
 後半のとあるシーンのハツミさんが怖いっす。あそこだけ別作品みたいな演出になってたけど、アレはなんなんだ。あれが監督一流のギャグだとしたらハイセンスすぎる。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/192-c83cc094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[Anime] 2009年アニメランキング «  | BLOG TOP |  » [Movie] 映画『アメリ』感想

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。