スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[日々雑記] 2011年夏アニメ雑感(1) - 2011.07.17 Sun

 地道に新しいブログテンプレートのカスタマイズなどやっていたが、ためしに一瞬適用してみたところ、いくつかまずい点が見つかったので、まだ変更できそうにない……。ということで、遅くなってしまったけれど、今期のアニメの第1話感想を観たところから書いてみる。前期に引き続き、オリジナルが結構多くて嬉しい。
■輪るピングドラム

 ウテナの幾原監督の新作が来ると聞いて以来、ずっと楽しみにしていた作品。最近のアニメの傾向も取り入れたのか、1話から引き込んできた感じ。その意味じゃウテナより親切設計。キャラクタデザインは前期の[C]みたいにちょっと古い感じはしたけれど、ウテナの少女漫画風を思い出してちょっと懐かしい雰囲気もある。今後の展開がすごく楽しみ。

■BLOOD-C

 映画版、前シリーズ(BLOOD+)は見ていたので、とりあえず見たんだが…1話だけ見ると前シリーズより脚本演出ともかなり劣る気がするなぁ。伝奇ホラーっぽい方向性は捨てたのか?本筋にまったく関係ないが、クラスメイトの双子はxxxHoliCを連想せざるを得ない。双子に続いて四月一日声な委員長も登場してたし。

■異国迷路のクロワーゼ

 同じ佐藤順一監督のARIAシリーズを連想した。OVAの『たまゆら』はさわりしか知らないけれど、それと比べても、異国情緒ある舞台のためか、よりARIAっぽい。ARIAはSD制作だったけれど、今度はHD制作の解像度を最大限生かしている感がある。描きこまれた背景に見とれてしまう。

■神様ドォルズ

 作品の雰囲気に、何かちぐはぐな違和感を感じる。リアル寄りなのにヒロインの巨乳っぷりがヘンとか、そういう話でもなく。日常部分と伝奇部分の混ざりが悪いというか。多くの伝奇作品では日常部分でも画面の色合いや、BGMでちょっとおどろおどろしい部分を仄めかしたりしてると思うけれど、この作品ではそれが薄いせいか?よくわからないので、もうちょっと観てみよう。石川智晶が全面的に音楽を手がけているというのも気になるし。

■うさぎドロップ

 『君に届け』に続いてのProduction.IGのほんわか作品。登場人物の仕草や台詞の間といった演出が丁寧。こういう雰囲気は好きだ。最近のIGの作品群を見ると、BLOODみたいな往年の路線より、こっち路線の方が安定してるんじゃないか、という気がしてきた。


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/218-0e4bfc07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[日々雑記] 生存報告的な «  | BLOG TOP |  » [日々雑記]  こまごまとしたこと。

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。