スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイ・クロラシリーズ再考補完 第7回 - 2014.06.07 Sat

7-1 世界観について

 再考第6回まででは物語に関わる部分を優先して考察をしてきました。今回は補完として、世界観や舞台設定について考察してみたいと思います。まず、世界観に関する本編内の記述を見てみましょう。

世界観

他にも手がかりになる資料として『ダ・ヴィンチ2008年8月号』から引用してみます。

 では、主人公の乗る戦闘機<散香>は、原作者のイメージ通りのものだったろうか。ある意味ではこの映画の主役ともいえる存在である。

 映画の<散香>は、第二次世界大戦が終わって30年ぐらいジェットエンジンが開発されてないと、ああいうプロペラ機が誕生しているかな、という<散香>ですね。原作の<散香>は、もう少し進化している。50年ぐらい。(中略)しかし、最初の段階で<散香>はものすごく小さな飛行機だということは散々言ってたので、そこはきちんと守ってもらっています。<散香>は、零戦よりも少し小さいぐらい。(中略)アクロバット機ぐらいの大きさの飛行機だと思ってください。

 後半(太字部分)が森先生のコメントです。映画版の散香についてのコメントですが、世界観の手がかりにもなると思います。原作の世界観は第二次大戦から枝分かれして50年程度経過したパラレルワールドと考えてもよいのではないでしょうか。


7-2 作中に登場する店の情報まとめ

 旧考察では整理できていませんでしたが、各巻ごとに登場する店の呼称は異なっています。たとえば、"ドライブイン"という呼称が登場するのは"スカイ・クロラ"においてのみ。同じ店であっても、呼ぶ人間(各話の主人公)によって呼称が異なるほか、そもそも登場する店は少なくとも2店舗あると思われます。店の描写を整理してみました。

店の情報まとめ

 明確な描写の違いは橋を渡ってすぐの場所か、しばらく先か、という点です。

『ナバテア』の"橋の横の店"=『フラッタ』の"カフェ"(=『アースボーン』の店)
≠『クロラ』のドライブイン(=『スピッツファイア』の店)


 とするとコーヒーの描写、ジュークボックスの描写等も無理なく成立するように思います(5年前の考察とは別の結論ですが)。"橋の横の店"の近くに駅があること、『フラッタ』で相良を駅に送っていく途中に寄ったことも繋がってくるかと。

 一点、気になる点として、ナバテアでは鉄橋から駅舎のシルエットが見えるほどの距離(周囲に建物がないとはいえ、遠くても1km程度か?)と書かれていますが、そんなに近いなら『フラッタ』でわざわざカフェに入る必要はなかったようにも思えます。理由づけするのであれば、

①駅は近いが、寒さが我慢できなかった。
②相良の話を聞いておくために、あえて駅に着く前に店に入った。
③『ナバテア』での笹倉の台詞が間違っていた(or嘘)。
④「倉庫か廃墟に見える」ということから、その駅舎は現在使われていない、もしくは貨物車両用の駅(鉄道路線はそこまで来ているが、実際使われている一般客用の駅はその先)。

といったところ。②か④あたりが一番それらしいでしょうか。


7-3 基地の周辺情報、舞台設定の考察(2)

 店以外にも、作中には基地やその周辺の地形や立地がよく描写されています。それらをまとめてみました。
基地周辺情報

 「南側に海が広がっていること」「南北の海岸線があること」からすると、海岸線が凹形状か凸形状になっていると思われます。ここでは海岸線が南側から凹んでいる(湾になっている)として、7-2の内容と合わせて、適当に基地周辺地図をつくってみました。想像分が多すぎて形状は信用できないですが、位置関係が成立するかどうかの確認とスケール感の確認にはなるのではないかと。その辺については、次回若干書く予定。

スカイクロラ基地周辺想像図

※1 北の観測所に向かう途中に東方向に向かうことになりますが、ハイウェイの入口がその方面にあるからと考えればよいと思います。街が基地の北にあると考えてしまうと、栗田不時着地点が海から近いという点と齟齬を生じてしまうようです。
※2 栗田不時着時の帰還経路は東南方向からと想定(護衛任務で海上を移動したなら東西方向へずれる可能性は高いと思われます)。

スカイ・クロラ考察 TOPへ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/234-c9cc8b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スカイ・クロラシリーズ再考補完 第7.5回 «  | BLOG TOP |  » 憂いのある、乾いた声の女性ヴォーカル集

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。