スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子ピアノの選び方 2009年版 価格帯別おすすめモデル その2 - 2009.06.12 Fri

 価格帯別の鍵盤・モデルレビューの2回目です。この価格帯になってくると、基本機能以外に付加価値をもたせたモデルが増えてきます。目的にあったものを選びましょう。


15万円前後で手に入る鍵盤・モデル

YAMAHA GH3(グレードハンマー3)鍵盤
 ヤマハ電子ピアノ(クラビノーバ)のメイン鍵盤。GH鍵盤とほとんど同構造ながらセンサーが強化され、同音連打性が優れています。また各メーカーの上位機種の鍵盤の中では軽い部類に入るので、速いパッセージなどが弾きやすいです。
 ただし、この鍵盤自体は2002年から進化していないこともあり、タッチの心地良さ・リアルさなどではローランド・カワイの上位機種に比べると遅れを取っている印象があります。
Roland PHAⅡ(プログレッシブ・ハンマーアクションⅡ)鍵盤
 ローランドの現行機種のベースになっている鍵盤で、強弱での手応え変化・押鍵時のしっかり感で評判が良いです。現状、FP-7を除いて下記のエスケープメント付鍵盤に移行しています。エスケープメント付の方が細かなタッチコントロールはし易いですが、逆にこちらの方が鍵盤の戻りが速いため弾き易いという人もいるかもしれません。
Roland エスペープメント付PHAⅡ鍵盤
 上記鍵盤にエスケープメント機能(弾く途中のひっかかり感の再現)を追加。エスケープメントは、内部でハンマーが動いているような感覚的心地良さがあって良いです。逆にこれが付いたことで鍵盤の戻りが遅くなっているのがデメリットと言えるかも。
 また、ローランドの鍵盤が浅く感じるケースがあるようです。GH3鍵盤に比べ実測でも0.5mm程度浅いようですが、主な原因はエスケープメントの位置が生ピアノより手前にあるためだと思います。フレーズで弾いてみて違和感がなければ問題ないでしょう。
KAWAI AWAグランドプロⅡ鍵盤
 カワイ最上位の木製鍵盤。鍵盤構造にグランドピアノの縮小版と言えるシーソー構造を採用することでリアルな鍵盤アクションを実現しているのがポイント。ひとつの鍵盤を押すだけだとリアルには感じませんが、フレーズで弾いたときの指に付いてくる感覚が生ピアノに近い感じ。
 また、繊細なコントロールを弾き手に求めてくる感覚があり、タッチコントロールの練習に向いた鍵盤だと思います。欠点は、鍵盤奥がローランド・ヤマハより浅いことでしょうか。

この価格帯の注目モデル (基本性能重視)

■Roland HP-203
 ローランドのHPシリーズのエントリーモデル。価格と性能のバランスが良いです。キャビネットタイプながらヤマハのCLP-330、カワイのCA-12などと比較してコンパクトに作られていることもポイント。またローランドの電子ピアノは音色数が多く、後々趣味として使えるという点も、評価できると思います。おそらく、この価格帯ではもっともダイナミックレンジが広くppの表現はしやすい。

Roland DP-990
 HP-203とほぼ同内容ながら奥行き30cm(譜面立て時34cm程度)というコンパクトさを実現したスタイリッシュモデル。蓋を閉じたときのフラットなデザインはインパクトがあります。その分スピーカーが小さくいので、大音量・強音ではHP-203より少しキンキンするか。もっともアンプ出力の割にダイナミックレンジは広く弾きやすいです。デザインと性能の両立という意味でかなりおすすめ。椅子が別売りなので予算はもう少し必要です。

■KAWAI CA-12 (売価168,000円程度)
 カワイの木製鍵盤搭載の最安モデル。競合他社と比べ割高ですが、凝った鍵盤構造を考えると仕方ないところ。ピアノ練習がメインの使い方で、タッチが好みならかなりオススメです。アンプ出力が小さいせいかスピーカー音のダイナミックレンジが若干狭く感じましたが、ヘッドホンで聴くとかなり良い音です。また、MIDI端子やオーディオ端子がないことに注意。前述の弱点を解消するモデルとして、可能なら上位のL-51を勧めたいです。



その他の注目モデル (付加価値あり)

■KAWAI MP-5
 ステージピアノ。AHA鍵盤にDTM・バンドユースの機能を追加したモデル。外観も上位機種MP8Ⅱに似て高級感があります。リズムパターンは内蔵されていないようなので、単純に遊ぶならES-6やローランドFPシリーズの方が向いているかもしれません。あと、カワイのステージピアノもヤマハと同様コントローラはホイール式なのは、欠点といえば欠点。

■KURZWEIL SP2X
 カーツウェルはピアノ音源に関して評判がいい海外のメーカー。基本的に高価なメーカーですが、このステージピアノだけはお手ごろ価格です。楽器店にも置いてあるところが少なく私自身、まだ弾いたことがありません。タッチは国内メーカーの方が良いという話も聞きますが。もし試奏できるようでしたら、候補になるのではないかと。

■Roland FP-7 (売価168,000円程度)
 ローランドの現行ラインナップでは唯一エスケープメントなしのPHAⅡ鍵盤。リズムパターン・自動伴奏付の高機能モデルで、ピアノ練習にも適した弾きやすい鍵盤ですが、若干割高な印象もあるかも。趣味用ならカワイMP-5やKORG・M50-88も手に入る値段。

KORG M50-88 (売価168,000円程度)
 88鍵ピアノタッチのシンセとして、ヤマハ・MM8(10万円クラス・GHS鍵盤)に次いで安価なモデル。ピアノ練習を考えるならこちらを勧めます。また、KORGの上位機種M3と同じ音源搭載の上、リズムの入ったプリセット・パターンも内蔵されているので結構お手軽に楽しめるモデルでもあります。スティック型のコントローラも◎。かなりお買い得。

DIGITAL PIANO TOPへ

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 感謝

返事が遅くなりました。長文にも関わらず読んでいただきありがとうございます。

スタンド別の機種は少ないですが、性能がいいものとなるとヤマハP-155やローランドFP-7あたりでしょうか。また、軽いものでも10kg以上あるので、使うときだけ組み立てるのは結構大変かもしれません。

もし、壁際に少しでもスペースがあるなら、据え置きでコンパクトなタイプを考えても良いのでは??普段はピアノの下に収納ケースとか置いている人もいるみたいですよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/91-a70dba70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電子ピアノの選び方 2009年版 価格帯別おすすめモデル その3 «  | BLOG TOP |  » 電子ピアノの選び方 2009年版 価格帯別おすすめモデル その1

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。