スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅野よう子・SEATBELTS 超時空七夕ソニック ライブレポート! その3 - 2009.07.09 Thu

七夕ソニックの記録、さらに続き!…いい加減長いよな。今回で終わりです。

26.Yo Pumpkin Head 演奏:シートベルツ、踊り:菅野よう子、バニーガール×2
27.Tank! 演奏:シートベルツ featuring 本田雅人
冒頭セリフ:Tim Jensen

 長く続いたBLUEの後のアンコール拍手。エンドステージに登場したのはひよこ、もといひよこコスプレの菅野さん。何やってんですか!かわいいじゃないですか(笑)!それと、元ひよこだったバニーガールのダンサー二人。続いてシートベルツの面々が登場し、Yo Pumpkin Headを奏で踊りながらセンターステージへ練り歩く!

 で、間髪いれずTank! イントロが始まった瞬間、おそらくこの日一番の凄い歓声。「3,2,1 Let's Jam!」は歓声に掻き消されてタイミングがわかりませんでしたよ。本田雅人さんのサックスはもう流石としか。アドリブでは、よく息続くなぁというフレーズの連続。

 途中、ノリノリながらも、そそくさとひよこコスプレを脱ぎ捨てる菅野さん。やっぱ恥ずかしかったんだろうけど(笑)、次の曲はそんなものを着てたら出来ない曲だったんですね。曲中に菅野さんは一人エンドステージへ移動。とは言っても最後、本田さんのサックスソロが引っ張る引っ張る(笑)。終わらないサックスに合わせて、笑いながらくねくねしてる菅野さんが結構ツボでした。

28.ワルシャワ・フィル
      メドレー
Escaflowne(Cho:Gey's Ax)
~Flying Dragon
~White Falcon
~軍靴の記憶
~high spirit
~DANCE OF CURSE(Cho:Gey's Ax)
~Shiro, Long tails
~Dog Fight
~The Vision of Escaflowne(Cho:Gey's Ax)
29.Story of Escaflowne 演奏:ワルシャワ・フィル
30.SMS小隊の歌 演奏:ワルシャワ・フィル、Cho:Gey's Ax
31.アナタノオト
   アヒルノオト?
Vo:中島愛&観客&ひよこ
演奏:菅野よう子、今堀恒夫、佐野康夫、MATARO

 幻想的な「Escaflowne」のコーラスとともにエンドステージの幕が再度上がり、菅野さん指揮のもと、怒涛のワルシャワ・フィル・メドレー。スクリーンには曲に合わせてエスカ、ターンA、マクロスプラス、アクエリオンの名場面集が映し出されます。特にエスカフローネは大盤振る舞い。この辺の曲順かなり記憶が曖昧です。で、再度「escaflowne」のコーラスで〆。

 最後はStory of Escaflowneにあわせて、出演者全員がエンドステージに入場。感動的にライブ終了の感が漂います。ただ、それで終わらないのが菅野さんクオリティ。まさかのワルシャワ・フィル版SMS小隊の歌!芸大のコーラス隊に「熱い男のスロットル~」とか歌わせちゃっていいんでしょうか(笑)とりあえず適当に歌いながらセンターステージに移動~♪

 ここで今日初の菅野さんのMC。息を切らしながらの第一声「・・・菅野よう子でした」。って、それで終わりですか!……ちょっと息を整えつつ、「皆さん平日なのに…こんなに集まりやがって…」と菅野さん。場内爆笑。その後、海外から来てくれたヴォーカリストたち、ワルシャワ・フィルに英語とポーランド語でお礼を言ったりと、さりげなく才媛ぶりを見せてくれます。

 暖かい空気が流れる場内ですが、最後の〆。中島愛さんから「コレ、わかりますか」と手でアヒルのジェスチャー。菅野さんがアコーディオンを手に取り、今堀さんのアコギに合わせてアナタノオト。「ドクン×3」のところで物販のひよこ(あひる?)を鳴らすことに。

 最後はまめぐさんも「アヒルの音~♪」と歌いだす始末。これってひよこだったんでは?という突っ込みはさておき、場内のいたるところから聞こえるピヨピヨという音。爆笑の中、出演者退場です。と、ここで菅野さんだけはピアノのところに。

32.End Title~ノスタルジーナ 演奏:菅野よう子、ワルシャワ・フィル
33.MOON 演奏:ワルシャワ・フィル、Vo:Gabriela Robin!!

 再び菅野さんのピアノソロで始まったEnd Title~ノスタルジーナ。途中からワルシャワ・フィルが加わり、壮大に緩やかに物語の終わりを奏でます。拍手が終わらない中、指揮台から降りた菅野さんがステージ中央のマイクの元に。一瞬で静まり返る場内。

 オケがあるイントロの一音を奏で始めた瞬間内心「うわぁ、本当にきたー!!!!!」と思ったのは僕だけではないでしょう。事前にパンフレットのある箇所を読んでいた方は期待していたはず。パンフレットを読んでいない方にとっては、まさに超サプライズ。

 まさかの生Gabriela Robin=歌姫・菅野よう子、降臨です。

 実をいうと、何か被り物でもして歌うんじゃないかなぁとか思っていたんですが、指揮台から降りてそのまま歌うとは。ガブリエラ・ロビン=菅野さん説は以前から囁かれていましたが、普段アニメ声な菅野さんの口からガブリエラの神秘的なトーンの歌声が流れ出した瞬間はやっぱり感動しました。

 というわけで、大きな拍手の中、幕が下り、超時空七夕ソニックは終わりを告げたのでした。



 「よう子さんのライブ、超時空七夕ソニック~次回公園は22世紀を予定しております~はこれで終了となります」という場内アナウンスのお姉さんが噛み噛みだったのも(笑)、会場を出るとラスト曲の如く正面に満月が輝いていたのも、今回の特別なライブに付随する印象的な出来事として、記憶に残るものになることでしょう。

 こんな素晴らしい時間をくれた、菅野さんとすべてのキャスト・スタッフの方々に感謝します。また、この時間を共有することができた、すべての人たちが、また次回公演(笑)で会えますように。自称嘘つきのひよこ隊長様、どうぞよろしくお願いいたします。

SPECIALS TOPへ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/96-282e7faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009年7月アニメ雑感 «  | BLOG TOP |  » 菅野よう子・SEATBELTS 超時空七夕ソニック ライブレポート! その2

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。