スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子ピアノの選び方 2009年版 価格帯別おすすめモデル その5 - 2009.07.21 Tue

 電子ピアノ特集は、今回で最終回。


30~40万円前後で手に入る鍵盤・モデル

YAMAHA DUPシリーズ専用ピアノ木製鍵盤
 ヤマハのプレミアムモデルのエントリー鍵盤。生ピアノと同様の構造のため、非常に生ピアノに近いタッチとコントロール感があります。ただし、鍵盤奥が非常に浅いので、難易度の高い曲を弾くのが困難。ヤマハのハイブリッドピアノに拘るならば、DGP鍵盤を手に入れたいところ。


この価格帯の注目モデル

■YAMAHA DUP-7
 DUPシリーズのエントリーモデル。鍵盤紹介にも書いたように、この価格帯の鍵盤としては汎用性が厳しいです。ピアノを習い始めで生ピアノのタッチに慣れるという意味では素晴らしい鍵盤ですし、レベルが上がってきた段階でDGPへの買い替えを想定するなら、アリだとは思いますが…。長く使うことを想定するなら、同価格帯の他モデルなども検討した方が良いのでは、と思います。

■YAMAHA CLP-S308PE
 前述のCLP-S306PEの上位モデル、なのだが、変わったところは鍵盤がNW鍵盤になった点のみ。この価格帯になってくると、音質ならCLP-370、CLP-380の方が上、デザイン性ならローランドLX-10が視野に入ってくる値段だし、微妙に中途半端な気も。

YAMAHA CLP-380
 NW鍵盤搭載。ヤマハの本気が感じられるモデル。スピーカーが非常に素晴らしく、キャビネットタイプの電子ピアノで比較した場合、弾いたときのダイレクト感はもっとも高いと思います。CLP-370から比べても、圧倒的に良いです。弱点は、サイズが非常に大きく、デザインが無骨なところ。

■Roland LX-10
 アップライト的なデザインで、このクラスでは非常に奥行きがコンパクトなのもメリット。スピーカーだけ取るなら同じ価格でヤマハCLP-380の方がダイレクト感と深みがあるとは思う。気になったのは、スピーカーに対して、音が細く和音の響きがいまいちに感じてしまったこと。感じ方は個人差だし、デザイン性重視でローランドの音が好きなら、相当いいモデル。

■Roland KR-107
 イマイチ存在感が地味ではありますが、多機能性を売りにしたローランドのトップモデルのひとつ。タッチパネル式のデジスコアは下位機種より扱いやすい。自動伴奏機能も付いているので幅広く楽しめるモデル。スピーカーが上部にも付いており、HP-207より音の広がりがあります。音源は現在のHPシリーズより古いせいか、低音のピアノ音が少しベースっぽい音に聴こえてしまい、個人的にはHP-205や207の方が良く感じた。


60万円前後で手に入る鍵盤・モデル

 このクラスはどれも楽器店専売モデル。展示してある店舗も限られるので、気軽に引き比べがしにくい。

YAMAHA DGPシリーズ専用ピアノ木製鍵盤
 電子ピアノ搭載鍵盤としてはアバングランド専用鍵盤と並んで、圧倒的な優位を誇るヤマハの上位鍵盤。というか、生ピアノとほぼ同じ。弦がない分、若干の差を感じるケースはあるかもしれないけれど、少なくともタッチだけ見れば、現状手に入る最も良い鍵盤なのは間違いない。
Roland エスケープメント付アイボリーフィールPHAⅢ鍵盤
 現状、V-Pianoにしか搭載されていないものの、おそらく他のモデルにも搭載されていくことが予想されるローランドの次世代鍵盤。タッチ感はPHAⅡエスケープメント付と変わらないものの、センサーが強化され、従来の弱点だった連打性が向上。構造上、上記のDGP鍵盤と比べると見劣りするのは仕方ないところ。これ以上の改良となると、DGPのように生ピアノと同じシーソー構造を取るしかないと思います。


この価格帯の注目モデル(基本性能重視)

YAMAHA DGP-5
 DGPのエントリーモデル。クラシックピアノ練習用には最適。蓋がないのは、妙なところでコストダウンしている気がしないでもない。ダイナミックレンジなどは上位のDGP-7からすると劣りますが、練習用には十分かと。



その他の注目モデル (付加価値あり)

Roland V-Piano
 物理モデリング音源を搭載した唯一の電子ピアノ。ステージピアノなので、別にスピーカーが必要になります。タッチ感自体はDGPに負けるけれど、出音の自然さは特筆モノ。純粋に表現力の高い楽器として、気持ち良く弾くことが出来ます。DGPと比較するとメーカーの思想の違いが垣間見られて面白いですね。この音源、もっと安くなってくれないかなぁ。



 価格帯としてはこの上に、ヤマハDGP-7、アバングランドN2、N3がありますし、当然のことながら、どれも価格に見合った素晴らしいモデルです。ただ、そのあたりのモデルになると、価格的に一般向けとは言い難い気がします。「電子ピアノの選び方」と称して続けてきたコラムに関しては、ここでひとまず終了とさせていただきたいと思います。

 また、モデルチェンジがあった場合は変更したり、気になるピアノに関して試奏レポートを上げたりするかもしれませんが。

 ここまで読んでくださった方に、心よりお礼を申し上げます。あくまで一個人のレビューではありますが、電子ピアノを買うにあたり、何らかの参考にしていただければ幸いです。

DIGITAL PIANO TOPへ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://croakcrawlers.blog7.fc2.com/tb.php/98-a6de65a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[Anime] 2006年アニメランキング(Strawberry Panic、追加) «  | BLOG TOP |  » 電子ピアノの選び方 2009年版 価格帯別おすすめモデル その4

Profile

Author : CroaK

Since 2008.9.27.

ブログの中身は上のメニューから。

管理人へのご連絡等ありましたらコメント欄にお願いいたします。

Access Count

Categories

このブログについて (1)
日々雑記 (68)
スカイ・クロラ (19)
アニメランキング (13)
アニメレビュー (19)
映画感想 (27)
電子ピアノ (25)
カーデザイン (17)
イラスト (7)
楽譜 (7)
特集記事 (5)
音楽 (1)

Tag

アニメ 音楽 日記 読書 小説 部屋 漫画 楽器 映画 

Archives

Recent Entries

Recent Comments

Search

RSS

QR

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。